読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

長戸大幸 音楽史 1991④

1stシングルは4週目にトップ10に入るという好調なスタートを切りました。同年3月27日にリリースされた1stアルバムもZARDの特徴を知らしめる上で十分な効果がありました。長戸大幸 既に進行していた次の作品内容は1stを踏襲した物になりました。プロデューサ…

長戸大幸 音楽史 1991③

シングルA面と共にC/W曲や1stアルバム『Good-bye My Loneliness』も並行して制作が進められました。音も見た目のイメージもいわゆる“ロンドンの曇天”みたいな感じです。ジャケット写真撮影は、スタジオバードマン3Fで行なわれました。長戸大幸プロデューサー…

長戸大幸 音楽史 1991②

先月号でも取り上げたように デビュー当時のZARDのコンセプトは “ロンドンの曇天をイメージしたような”“UKサウンドを基軸にした ”“ハードなロックを彷彿とさせる”ものでした。 長戸大幸 しかし、2枚目のアルバム『もう探さない』の収録曲には演奏 アレンジは…

長戸大幸 音楽部門 B

1998年から2000年の間では、小松未歩のアルバムヒット、倉木麻衣の大ヒット、名探偵コナンタイアップ作品で愛内里菜がシングル『恋はスリル、ショック、サスペンス』のスマッシュヒットをとばすなど、一時期女性アーティストの柱が立っていた。長戸大幸2002…

長戸大幸 CONTEST

SUPER STARLIGHT CONTESTは、全国34局ネットの音楽情報テレビ番組「CD NEWS」(現在はMU-GEN)とGIZA studio共同協賛のビーイングオーディション。これまで多くのアーティストを輩出している。長戸大幸 「大阪GRAND Cafe」で、半年から1年周期(春と秋)に開…

長戸大幸 クリエイター 2

スペースクラフト、ボックスコーポレーション等と親交があり、所属アーティストのサウンドプロデュースをビーイングが手がけていた。スペースクラフトとは Bon-Bon Blanco・岩田さゆり・宇浦冴香、ボックスとは上木彩矢・高岡亜衣、過去にはFIELD OF VIEW・L…

長戸大幸 クリエイター 1

外部からクリエイターを招いて楽曲製作することもあり、松井五郎・秋元康・康珍化・湯川れい子・大津あきら・ジョー・リノイエ・馬飼野康二などが該当する。更にGLAYのTAKUROが松本孝弘のソロ作品で共同制作をしたことがあった。最近では葉山たけしが離脱後…

長戸大幸 スタジオ

1993年当時、ビーイングの拠点は六本木にあり、そのスタジオでの様子をセピア調のジャケットや歌詞カードにして、TV露出を行わないながらアーティストイメージを印象付けた。レコーディング用マイクの前、ミキサー卓での作業風景、ギターやベースの楽器を持…

ミュージシャン

ビーイング系アーティストの楽曲のコーラスでは、上杉昇、生沢佑一(TWINZER)、近藤房之助、坂井泉水、宇徳敬子、大黒摩季、川島だりあなど、ビー イング所属のアーティスト同士で互いにコーラスに参加していた。 BAADの大田紳一郎(現doa)は、ZARDの曲で…

長戸大幸 レーベル

今でこそプロダクション系レコード会社はめずらしくなくなっているが、ビーイングでは1991年から立て続けに専用レコード会社を設立している。長戸大幸B.JIN(ビージン)→ZAIN RECORDS(1991年)BMG ROOMS→Rooms RECORDS→VERMILLION RECORDS(1992年)B-Gram …

長戸大幸 タイアップ 1

レコード会社としてテレビアニメ作品の主題歌をタイアップとして提供し、その主題歌のシングルCDの売上貢献に寄与させる戦略を得意としている。これは長期的に(最低2クールは)主題歌として流れるため、視聴者(主に若年者)層へ楽曲を浸透させることが出来…

長戸大幸 方針

グループ代表の長戸大幸が全面プロデュースを行っていた80年代~90年代のビーイングは、既存のアイディアを奇抜に組み替えて全く別のものを作るという意識であった。特に顕著だったのは、アマチュアバンドと契約してプロデビューさせるのではなく、オーディ…